シアリス

シアリス

シアリスは、日本イーライリリー株式会社のED治療薬で、日本では2007年7月31日に製造販売権承認を取得しました。

3代ED治療薬と呼ばれるバイアグラ、レビトラの中で最後に誕生した、一番新しいED治療薬が、このシアリスです。

シアリスが、バイアグラや、シアリスなど他のED治療薬と違うところは、驚異的な効果時間の長さです。
なんとシアリスのED症状改善効果時間は、服用後約36時間と言われています。

シアリスのこの長い効果時間により、「薬の効果が切れるのでは」などといったプレッシャーや、不安のないED治療を行うことができるようになりました。
シアリス服用後、薬剤が体内に吸収されれば、食事の影響も受けず、性的興奮の信号を脳から受けない限りは勃起もしないため、ED症状を発症する前のように、自然な生活を送ることができます。
また、シアリスのこの効果時間の長さは、金曜日の夜に服用して、日曜日まで薬効があることから、「ウィークエンドピル」という別称もあります。

現在シアリスは、先に販売されていたバイアグラや、レビトラよりも使いやすく、人気のあるED治療薬となっています。

シアリスの有効成分「タダラフィル」

シアリス錠

シアリスのED症状改善有効成分は「タダラフィル」です。
タダラフィルは、水に溶けない性質を持っています。
このタダラフィルの水に溶けない性質により、効果発現までの時間は1~3時間と、体調・体質によってかなり個人差はあるものの、36時間という願い効果時間をうみだします。

ED症状の改善については、タダラフィルも他のED治療薬同様、人間がもともと持っている「勃起を抑制する酵素(PDE5)」のはたらきを阻害することによって勃起を促します。

「PDE5阻害型」のお薬と呼ばれることもあります。

シアリスは、ED治療薬です。
精力剤や、媚薬のようなものとは違い、服用すれば勃起する、というものではありません。

性的興奮の信号を脳から受けない限りは、勃起することはありません。

そしてもうひとつ、シアリスの特徴ともいえるのが「食事の影響を受けにくい」という点です。
バイアグラは胃の中に食べ物があると満足な効果を得られないほど、食事の影響を受けやすいお薬ですが、シアリスは腹7分目程度の食事であれば、問題なく効果を発揮してくれます。
ただし、シアリスも、全く食事の影響を受けない、というわけではありません。やはり食べ過ぎてしまったり、脂っこい食事のあとの服用では効果発現時間が遅れたりしてしまうことがあります。
食事の影響は受けにくいとされているシアリスですが、きちんと効果を実感するためには、空腹時に服用するほうが好ましいと言えるでしょう。


ここからのページでは、さらにシアリスの服用方法や、副作用などを解説しています。
シアリスの購入時や、服用時の参考にしてください。

シアリスの服用方法

シアリスの服用方法

ED治療薬シアリスも医薬品であるため、効果を実感するには正しい服用をする必要があります。
シアリスは食事の影響を受けにくく、薬効が長いのが特徴ですが、効果発現までの時間に個人差があるため、服用時は注意が必要です。

シアリスの副作用

シアリスの副作用

シアリスも医薬品であるため、個人差はありますが、副作用が出る場合があります。
また、シアリスを服用できない方についてや、服用時の注意点についてもまとめていますので、シアリスの購入時や、服用時には必ず確認をしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ